ユニバーサルデザイン  ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザイン(UD)

VONEではすべての社員に対し、ユニバーサルデザイン教育を行っております。 御社のユニバーサルデザインプロダクトの設計を強力にサポートいたします。


ユニバーサルデザインとは

ユニバーサルとは英語で「普遍的な,すべての」という意味です。
したがってユニバーサルデザインとは,製品,建物,環境を,あらゆる人が利用できるようにはじめから考えてデザインするという概念です。
障害,年齢,性別,言語等,人が持つそれぞれの違いを超えて,すべての人が暮らしやすくなることを前提としたこの概念は, アメリカの建築家であり工業デザイナーであった故ロン・メイス氏によって提唱されました。
ロナルド・メイス氏は自らの車椅子利用者という立場から,バリアフリーデザインという概念が障害者以外には魅力がなく, 価格も高い上に美しいデザインのものが少ないという現実を直視しました。そしてその現実を変えていくために, 「すべての人のためのデザイン」という方向で考えていくことを提案し,ユニバーサルデザインと名付けたのです。
彼はノースカロライナ州立大学デザイン学部ユニバーサルデザインセンターを創設し,後にユニバーサルデザインの手引書とも言える ユニバーサルデザインの7原則を発表しました。

バリアフリーデザインとユニバーサルデザインの違いとは?

バリアフリーデザインという概念があります。
「交通バリアフリー法」が制定され,新聞等でよく目にするようになったこのバリアフリーデザインという言葉の 「バリア」とは英語で「障壁」という意味です。障壁をフリーにすること,つまり,もともとあったバリアを取り除くことを意味します。
例えば,歩道の段差をなくしたり,家の段差をなくすことによって車椅子の人が利用できるようにしたり, 階段にリフトを取りつけることで高齢者がこれまで上がれなかった2階に上がることができるようにするような工夫です。
このバリアフリーデザインの考え方も,問題解決のために今ある状況を大きく変えることができない場合には有効で大切なことです。
ただ,これは後付けの方法ですから,初めにバリアが存在し,そこからスタートするデザインの方法と言えるでしょう。
つまり最初は使えない人が存在してしまいます。
車いす使用者である一級建築士の川内美彦さんは,「バリアフリーは バリア(障害)の社会的存在を前提とし,それらを軽減しようとする考え方。
したがって,バリアフリーは障害者差別を温存・助長する」と,指摘しています。
それに対しユニバーサルデザインは最初からバリアが取り除かれていることを目指しています。
つまり最初からあらゆる人が使えるようにデザインしておくというところが,バリアフリーデザインの概念とは大きく異なるのです。

なぜユニバーサルデザインが必要か。

個人の特性とはいつも同じであり続けることはありません。
年齢を重ねていくことで,老眼になって若い頃は当たり前に見えていた小さい文字が読めなくなったり,小さな音が聞きづらくなります。
女性であれば妊婦になって足元が見えづらいと感じたり,男性も父親になって子どもを抱っこした時その重さに驚くことでしょう。
妊婦や子どもづれの人にとっては駅の階段の上り下りが苦しく感じられるに違いありません。
また,一時的にけがをして松葉杖を使ったり,場合によっては車椅子を使うこともあるかもしれません。
このような変化の多い個人の特性ごとに合うモノをデザインしていくことは,大変時間とコストがかかります。
モノがどんどん増えることはエコロジーの視点から見ても非常識的であると言えるでしょう。
したがって,はじめからいろんな個人の特性を考慮してデザインしていれば,個人がどんな特性を持っても柔軟に対応できるようになります。
ユニバーサルデザインはそうした個人の特性に初めから目を向けたデザインであり,私たちにとって使いやすく,安全を約束するものなのです。

ユニバーサルデザイン7原則

ユニバーサルデザイン7原則は以下のものから構成されている。
原則:簡潔で、かつ、覚えやすく表現された基本的な考え方
定義:原則に沿ったデザインをするための簡潔な方向付け
ガイドライン:原則に忠実であるために必要とされる基本要件
(注:すべてのガイドラインが、どのようなデザインにも当てはまるとは限らない)

  • 原則1:誰にでも公平に利用できること
  • 原則2:使う上で自由度が高いこと
  • 原則3:使い方が簡単ですぐわかること
  • 原則4:必要な情報がすぐに理解できること
  • 原則5:うっかりミスや危険につながらないデザインであること
  • 原則6:無理な姿勢をとることなく,少ない力でも楽に使用できること
  • 原則7:アクセスしやすいスペースと大きさを確保すること

■ 原則1:誰にでも公平に利用できること

定義 誰にでも利用できるように作られており、かつ、容易に入手できること。
ガイドライン
  • 1a.誰もが同じ方法で使えるようにする:それが無理なら別の方法でも仕方ないが、公平なものでなくてはならない。
  • 1b.差別感や屈辱感が生じないようにする。
  • 1c.誰もがプライバシーや安心感、安全性を得られるようにする。
  • 1d.使い手にとって魅力あるデザインにする。

■ 原則2:使う上で自由度が高いこと

定義 使う人のさまざまな好みや能力に合うように作られていること。
ガイドライン
  • 2a.使い方を選べるようにする。
  • 2b.右利き、左利きどちらでも使えるようにする。
  • 2c.正確な操作がしやすいようにする。
  • 2d.使いやすいペースに合わせられるようにする。

■ 原則3:使い方が簡単ですぐわかること

定義 使う人の経験や知識、言語能力、集中力に関係なく、使い方がわかりやすく作られていること。
ガイドライン
  • 3a.不必要に複雑にしない。
  • 3b.直感的にすぐに使えるようにする。
  • 3c.誰にでもわかる用語や言い回しにする。
  • 3d.情報は重要度の高い順にまとめる。
  • 3e.操作のためのガイダンスや操作確認を、効果的に提供する。

■ 原則4:必要な情報がすぐに理解できること

定義 使用状況や、使う人の視覚、聴覚などの感覚能力に関係なく、必要な情報が効果的に伝わるように作られていること。
ガイドライン
  • 4a.大切な情報を十分に伝えられるように、絵や文字、手触りなど異なった方法を併用する。
  • 4b.大切な情報は、(例えば大きな文字で書くなど)できるだけ強調して読みやすくする。
  • 4c.情報をできるだけ区別して説明しやすくする(やり方が口頭で指示しやすくなるように)。
  • 4d.視覚、聴覚などに障害のある人が利用しているさまざまなやり方や道具でも、情報がうまく伝わるようにする。

■ 原則5:うっかりミスや危険につながらないデザインであること

定義 ついうっかりしたり、意図しない行動が、危険や思わぬ結果につながらないように作られていること。
ガイドライン
  • 5a.危険やミスをできる限り防ぐ配慮をすること:頻繁に使うものは最もアクセスしやすくし、危険なものはなくしたり、隔離したり、覆うなどする。
  • 5b.危険なときやミスをしたときは警告を出す。
  • 5c.間違っても安全なように配慮をする(フェイルセーフ)。
  • 5d.注意が必要な操作を意図せずにしてしまうことがないように配慮する。

■ 原則6:無理な姿勢をとることなく、少ない力でも楽に使用できること

定義 効率よく、気持ちよく、疲れないで使えるようにすること。
ガイドライン
  • 6a.自然な姿勢のままで使えるようにする。
  • 6b.あまり力を入れなくても使えるようにする。
  • 6c.同じ動作を何度も繰り返すことを、できるだけ少なくする。
  • 6d.体に無理な負担が持続的にかかることを、できるだけ少なくする。

■ 原則7:アクセスしやすいスペースと大きさを確保すること

定義 どんな体格や姿勢、移動能力の人にも、アクセスしやすく、操作がしやすいスペースや大きさにすること。
ガイドライン
  • 7a.立っていても座っていても、重要なものは見えるようにする。
  • 7b.立っていても座っていても、あらゆるものに楽に手が届くようにする。
  • 7c.さまざまな手や握りの大きさに対応する。
  • 7d.補助具や介助者のためのスペースを十分に確保する。

VONEの取り組み

高齢社会の日本ではこれからさらにユニバーサルデザインの需要が高まります。 そして従来の設計手法で開発された商品は社会に受け入れられにくくなってきます。

そこでVONEは、ユニバーサルデザインの
・基礎教育セミナーを行い社会全体の認識を向上させる。
・実際のプロダクトの設計サポートを行う。
などの取り組みを行っていきます。